ウルトラパックに変更したら、支払い額が安くなった

ultra_pack

先月までの倍以上使ったのに、安くなった

ウルトラパックに変更して一ヶ月が経ちました。
前回の記事
毎月128落ちするので、ドコモの「ウルトラデータLパック」を申し込んだ

img_3564
一ヶ月使った結果はこの通り。
約12GB使いましたが、支払い合計額は¥7,001。

先月まではデータMパックの容量を超えてしまい、追加、追加で毎月¥10,000前後の支払いでした。
今月は、データ容量を気にせず使っても、¥7,000。
ウルトラパックへの変更と同時に、通話プランも「カケホーダイ」から「カケホーダイライト」に変更したので、ここでも¥1,000支払い額が減っています。
以前の契約、「データMパック」のままだったとしたら、追加7GB購入で、合計¥13,000になっていたはずです。
入ってよかった、ウルトラパック!

ウルトラパックとは

NTTドコモのスマートフォン用大容量パケット定額プランがウルトラパックです。
10GBのウルトラパックLと、20GBのウルトラパックLLがあります。
今までのデータMパックが¥5,000で5GBなのに対して、¥6,000で20GBまで使えます。

毎月5GBをオーバーしてしまう人は、迷わずにウルトラパックLに申し込むべきだと思います。


“ウルトラパックに変更したら、支払い額が安くなった” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です