iPhoneの補償制度には入ったほうがいい?

ihone_gurantee

落として画面が割れたり、水没で全損したり、紛失したり。
iPhoneを壊したり、無くしたりという話はよく聞きますよね。
いざという時のために、AppleCareのような補償制度に入っていたほうがいいのでしょうか?

iPhone補償制度の種類

以下、iPhone 6を例に、iPhoneの補償制度を比較していきます。

AppleCare+ for iPhone

Apple純正の補償制度がAppleCare+です。
2年間¥15,984(分割で月額¥666)で、補償期間は2年間。
落下、水没などによる全損時には、自己負担額¥11,800を払えば、正常なiPhoneに交換してもらえます。
ただし、交換が可能な回数は、2年の間に2回までという制限があります。
また、紛失・盗難は対象外です。
バッテリが充電できなくなった、起動しなくなった、という場合の修理代金は、通常のメーカー保証終了後も2年間¥0で修理してもらえます。
Apple Storeなどに持ち込めばその場で修理してもらえますし、宅配便でのピックアップ修理を依頼することができます。
バッテリーが弱ってきた場合(新品時より80%まで劣化)、修理扱いで交換されることが保証されているのがAppleCareの強みです。

NTTドコモ ケータイ補償サービス for iPhone & iPad

iPhoneを販売している携帯電話キャリア、NTTドコモの補償制度がケータイ補償サービスです。
サービス料金は、月額¥600。
全損時、故障時に、自己負担額¥7,500を払えば、正常なiPhoneに交換してもらえます。
ただし、全損交換が可能な回数は、1年の間に2回までという制限があります。
紛失・盗難も補償対象です。
ドコモにWeb、電話で連絡をすると、交換品が送られてくるので、修理に持ち込んだり、順番を待たされたりしないで住むのがケータイ補償サービスの強みです。

ソフトバンク あんしん保証パック(i)プラス

iPhoneを販売している携帯電話キャリア、ソフトバンクの補償制度があんしん保証パック(i)プラスです。
サービス料金は、月額¥650。
全損、盗難、紛失の場合、会員価格で同一機種か指定機種に機種変更できます。
ただしこの「会員価格」が曲者で、非公開です。実際にサービスを利用した人の話を聞くと、「ほぼ定価だった」とのこと。
故障で修理が発生した場合は、修理代金(税抜)の80%以上を、月々の利用料金から割引します。
この割引も結構面倒で、ソフトバンクに申請手続きをしたり、車の事故が起きた時の保険請求のような手間がかかるそうです。
また、故障、紛失などが発生した後6ヶ月間は、保証サービスの利用はできなくなるとのことです。

紛失補償オプション(i)

AUは、修理の保証制度は準備していません。AppleCare+に申し込んでください、というスタンスですね。
紛失に関しては、紛失補償オプション(i)というサービスを準備しています。
月額¥702(AppleCare+込みの値段です)で、紛失や盗難時に「再購入補償金」として¥23,148が支払われます。
ただし、申し込み手続きは結構面倒なようです。

補償制度の比較

名称AppleCare+ケータイ補償サービスあんしん保証パック(i)プラス 紛失補償オプション(i)&AppleCare+
サービス提供AppleNTTドコモソフトバンクAU
料金2年で¥15,984
(月額¥666)
¥600¥650¥702
申し込み購入後30日購入後14日購入時購入時
全損時対応交換交換会員価格で同一機種か指定機種に機種変更交換
全損交換時免責事項¥11,800¥7,500交換不可能¥11,800
全損対応回数制限2年の間に2回1年の間に2回対応後6か月間利用不可能2年の間に2回
盗難・紛失対象外対象対象対象
補償依頼方法Apple Store持ち込み、ピックアップ修理指定先に交換品送付Apple Store持ち込み、ピックアップ修理
修理完了後、請求
Apple Store持ち込み、ピックアップ修理
修理時免責事項なしなし修理代金(税抜)の80%以上を、月々の利用料金から割引なし

最強の補償制度はNTTドコモのケータイ補償サービス

故障、全損、盗難・紛失、全てに対応し、何よりも「交換品がすぐに送られてくる」という便利さ。
僕のオススメは、NTTドコモのケータイ補償サービスです。

ケータイ補償サービスを使ってみた

Lightningコネクタがおかしくなり、うまく充電ができなくなってしまったので、ケータイ補償サービスを実際に使ってみました。
申し込みはスマフォからもできるぐらい入力項目が少なく、翌日には交換品が自宅に届きました。
バックアップ、リストアなどが終わったら、付属の封筒で故障品をドコモに返送するだけ。
とっても楽でした。

補償制度に入っていなかったらどうなる?

iPhone 6の場合、Apple Storeで全損修理した場合、¥34,800かかるそうです。
また、液晶破損の修理代は¥12,800とのこと。
AppleCare+やケータイ補償サービスに入ると、2年で2万円以上、4年で4〜5万円の補償制度への出費が発生します。
つまり、「2年に一度液晶が割れた」、「4年に一度全損した」、ぐらいの頻度であれば、補償に入らないほうがトク!ってことになりますね。

これだけ補償サービスの説明をして、最後に見つけた結論は「よっぽどのおっちょこちょいじゃない限り、補償制度に入らなくてもいいんじゃない?」ってことです。

僕は面倒くさがりなので、ドコモのケータイ補償サービスに入っておきますけどね。


“iPhoneの補償制度には入ったほうがいい?” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です