iPhone 7は純正のヘッドフォンじゃないとハンズフリー通話できない?

headphone

※iOS 10.0.2にすることで解決しました。
iOS 10.0.2で、ハンズフリー通話できない問題が改善

声が通じない

クライアントと電話会議をすることになりました。
電話しながらメモしたり、パソコンを打ったりするのに、ハンズフリー通話が楽ですよね。
iPhone 7に、Lightning-3.5mmヘッドフォンジャック変換アダプタ経由で、AKGのQ460を接続。
約束の時間に、電話がかかってきました。
クライアント:もしもし
僕:はい、お世話になってます。
クライアント:もしもーし
僕:あれ、聞こえてません?
クライアント:あれ?もしもーし?
僕:あれ?もしもーし?

・・・ということで、こちらの声が通じないようです。
今まで、iPhone 6/ iOS 9では、このヘッドフォンで電話の声が伝わっていました。

試してみた

iPhone 7 + Lightning-3.5mmヘッドフォンジャック変換アダプタ + AKG Q460

q430

相手の声は聞こえますが、こちらの声が伝わりません。

iPhone 7 + Lightning-3.5mmヘッドフォンジャック変換アダプタ + beats tour2

tour2

これもダメです。Q460と同じく、こちらの声が伝わりませんでした。

iPhone 7 + 純正ヘッドフォン(EarPods)

ちゃんと通話ができました!

結論

iPhone 7 + Lightning-3.5mmヘッドフォンジャック変換アダプタ経由だと、電話ができないようです。
でも、ネットで検索しても同じような症状は出てきません。
もしかして、僕だけなのでしょうか?

これからどうしよう

普段僕はbeats tour2を持ち歩いているのですが、これだとハンズフリー通話できません。
純正ヘッドフォンを持ち歩くことにするのか、悩みます。
オフィスで電話会議するときは、イヤフォンではなくヘッドフォン型の方がいいんだけどなあ・・・
Q460が使えないのは、困りました。


“iPhone 7は純正のヘッドフォンじゃないとハンズフリー通話できない?” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です