ソフトバンクがARMを買収!?

softbanku_arm

ソフトバンクが半導体開発大手のARMを買収するというニュースが流れてきました。
ソフトバンク 半導体開発のARMを買収へ

イギリスに本拠地を置くARMは、半導体の研究開発に特化した企業で、自社では製造はしていません。
しかし、iPhone、Androidに使われているメインチップの多くが、ARMの設計をベースにしています。
よく比較対象にされるAppleのAシリーズとAndroidのSnapdragonですが、実は両方ともARMアーキテクチャのチップ。
ガラケーやニンテンドーDS、Raspberry Pi、家電製品や車にもARMアーキテクチャチップが使われています。

ARMの財務体質は良好なので、この買収がiPhoneに与える影響は、あまり無いと思います。
資金が潤沢になることによって、ARMの開発力が加速し・・・ということはないでしょうから。

しかし、通信キャリアが本業(?)のソフトバンクが、ARMを買収するというのも不思議ですね。
ソフトバンクにとってのARMは、取扱商品の重要な一部品(の開発)メーカーでしかありませんからね。
トヨタがゴムメーカーを買収はしないでしょうし、ヤマダ電機が電線メーカーを買収することも無いでしょう。

でも、もしかしたら、ソフトバンクがARMに資金を出し、何か新しい分野への参入を狙っているのかもしれません。
IoT分野には今のARMが持つ製品ラインナップで対応できると思うので、AIとかでしょうか?
孫さんのことですから、そのぐらいのことを考えているのかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です